金融機関などの外部者に自社の概要を説明する機会が増えています

事務所通信4月号

 

 

自社の概要をわかりやすく伝える「ビジネスモデル俯瞰図」を作る

 

融資申込や経営計画の提出にあたり、

 

金融機関などの外部者に自社の概要を説明する機会が増えています。

 

その際、事業内容、理念・ビジョン、役員構成、従業員数、沿革などの

 

文章情報だけでなく、ビジネスの商流・物流・資金の流れを図式で表した

 

「ビジネスモデル俯瞰図」を作成すると相手に事業の全体像が

 

一目で伝えやすくなります。

 

ビジネス全体を俯瞰することで、自社の現状と課題を明らかにすることができるため、

 

経営計画の策定や改善策を立てる一助にもなります。

 

 

出産・育児による離職を防ぐ働きやすい職場づくり

 

出産を控えた女性従業員から請求があれば会社は産前休業を与える必要があり、

 

産後については、原則として8週間は就業させることができません。

 

また、原則として、育児休暇の申請を受ければ、

 

子が1歳になるまで育児休業を与える必要があります。

 

産前・産後、育児休業期間中は、従業員本人と会社負担の保険料が免除されるほか、

 

従業員には、出産手当金や出産育児一時金、育児休業給付の支給などの制度もあります。

 

経験豊富で優秀な人材の離職を防ぐためにも、

 

情報の周知や社内体制を見直してはいかがでしょうか。

 

 

経理・総務担当必見! 従業員の異動に伴う税務・労務の手続

 

4月は、新入社員の入社や従業員の扶養家族の異動がある時期です。

 

家族に就職などの異動があった従業員や新入社員からは

 

「扶養控除等(異動)申告書」の提出を受けるとともに、新入社員には、

 

申告書にマイナンバーを記載してもらいましょう。

 

新入社員が入社した場合、入社日から5日以内に健康保険・厚生年金保険の資格取得の

 

届出、入社日の翌月10日までに雇用保険の資格取得の届出が必要です。

 

 

 

ご相談ご相談

 

よく読まれてる記事

1月号
自社に経営理念はありますか。その経営理念は、社内に浸透し、活かされていますか
2月号
経済が右肩上がりの時代は、資産の含み益を担保にした融資や、資産売却による借入金返済が可能でした。しかし、経済が低成長の時代に入った今、これからは、黒字を重ねて利益を内部留保し、経営基盤を安定させなければ、企業の継続が難しくなっています。
3月号
中小企業融資において、経営者の9割が個人保証を提供し、うち半数以上がその解除を望んでいます。健全経営に取り組み、個人保証のない安心感のある経営をめざしましょう。
5月号
税理士等の経営革新等認定支援機関の助言を受けて早期経営改善計画を作成する場合の費用を補助する「早期経営改善計画策定支援事業」も引き続き実施されています。
6月号
税務上、損金にできる役員給与の改定は、基本的に、事業年度開始から3か月以内です。経営者は、自身の役員給与の額を決める際、主観ではなく、経営の現状を客観的に捉えて決めましょう。

ホーム よくある質問 今月の税務 事務所案内 お問い合わせ お役立ち情報