仮払金や立替金などのいわゆる仮勘定で安易に処理してしまい残高

2月号

事務所通信2月号



決算までに仮払金勘定を清算する
〜決算の基本の「き」を学ぶB〜



内容が不明な取引等があった場合に、

仮払金や立替金などのいわゆる仮勘定で安易に処理してしまい、

そのまま精算されず残高が残っていることがよくあります。

仮払金などの仮勘定は、月次の決算、

遅くても期末の決算までに精算し、決算書に残高を計上しないように努めます。

決算書に仮払金等の残高が残っていると、税務署は、

それが役員や従業員への給与や貸付金ではないかという疑いの眼を持つでしょう。

また、金融機関は、仮払金等に資産性がないと判断すれば、

資産を減額して実態修正をするでしょう。

一方で、決算書に仮勘定の残高が計上されていないことは、

決算書の信頼性が高いことの証にもなります。



「配偶者控除」が見直されます


与党の平成29年度税制改正大綱が公表されました(12月8日)。

中でも、注目されるのは、配偶者控除・配偶者特別控除の見直しです。



配偶者控除の見直し案

納税者本人が配偶者控除を受ける場合、納税者本人の合計所得金額900万円

(給与の年収が1,120万円)までは、従来どおり、

38万円までの配偶者控除が受けられますが、

給与の年収が1,120万円を超えると控除額が26万円、13万円、0円と

段階的に縮小されます。



配偶者特別控除の見直し案

配偶者控除の適用ラインを超えた場合に、控除対象配偶者の収入103万円〜141万円の

範囲で段階的に控除される配偶者特別控除が大幅に見直されます。

控除対象配偶者の給与の年収が150万円以下であれば、

38万円の配偶者特別控除が受けられます

(ただし、配偶者控除と同様に給与所得によって控除額は段階的に縮小されます)。



週40時間制の基本と働き方


政府において働き方改革の議論が進められており、

その狙いの一つに長時間労働の抑制等があります。

中小企業における働き方改革とは、

まずは、労働時間や残業時間についての労働法規を正しく理解して、

経営者と従業員が協力して、労働時間のあり方を見直し、自社の特徴にあった

(変形労働時間制やパート従業員の活用などを含めた)働き方を

考えていくことにあります。



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

1月号
一流の強みはなくても、複数の準一流を磨いて総合力を上げるという考え方は、中小企業の経営のヒントになります。
3月号
実地たな卸は、財産(期末たな卸高)と、売上に対応した売上原価を確定させる大切な手続きです。期末たな卸高は、決算手続きばかりでなく、税務調査や金融機関にとっても重要です。
4月号
決算手続きの基本的な考え方は、期末における資産・負債の一切を帳簿から離れて、その実在性や網羅性を確認し、確定することにあります。
5月号
マイホームを購入・新築、リフォームするときの税制の特例「所得税の住宅ローン控除」「住宅取得等資金の贈与税の特例」は、消費税率の引上げ延期に伴い、措置の見直しが行われています。
6月号
平成29年度税制改正において「中小企業経営強化税制」が創設されました。これは、生産等に係る設備投資を対象に、経営力向上計画の策定・認定を受けることで、取得価額の即時償却又は10%税額控除ができる制度です。
7月号
利益を向上させるには、「@固定費の削減」「A販売数量の増加」「B売上原価の削減」「C販売価格を上げる」の4つの打ち手があります。
8月号
金融庁は、金融機関に対して、「ローカルベンチマーク」(ロカベン)によって、融資先の経営者と対話しながら、経営改善や生産性向上を積極的に支援することを求めています。
9月号
「中小会計要領」(中小企業の会計に関する基本要領)は、中小企業のための会計の共通ルールであり、多くの中小企業がこれに準拠して決算書を作成しています。
10月号
「早期経営改善計画策定支援」は、「資金繰りが不安定」「売上減少の要因が不明」「自社の状況を客観的に把握したい」といった中小企業の取り組みを支援する国の事業です。
11月号
平成29年のパートの収入と税金と配偶者控除等については、来年(平成30年)からの配偶者控除等の改正と混同しないように注意しましょう(今年は従来通りです)。
12月号
平成30年からの配偶者控除と配偶者特別控除の大幅な改正に伴い、平成30年分の「扶養控除等(異動)申告書」の様式が変更され、従来の「A 控除対象配偶者」欄が「A 源泉控除対象配偶者」へと名称が変わりました。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報