当事務所が顧問先様に無料配布している事務所通信を公開いたします。

平成31年

事務所通信要約版

 

弊社が毎月配布している事務所通信の要約版です。

 

経理・経営・税務のみならず、さまざまな観点から作成しております。

 

気になる記事ががございましたら、お気軽にお問い合わせください。

平成31年記事一覧

1月号

企業存続のために最も大切な「利益」の考え方とは?経営学者のP.F.ドラッカーは、「利益」には3つの役割があるといいます。第1は「事業の妥当性を評価する役割」であり、自分たちの仕事ぶりを表す指標の一つになります。第2は「事業活動における様々なリスクをカバーする役割」であり、将来の不確実なリスクに備える...

≫続きを読む

 

2月号

外部環境の変化を分析して、自社の新しい戦略を考えようAI技術の進展、人口減少、商圏の変化、取引先・競合他社の動向など外部環境が急速に変化する中、その変化を「機会」と「脅威」の視点から洗い出し、そこから抽出した外部環境を見ながら、さらに内部要因として、自社の「強み」「弱み」を洗い出しましょう。そのため...

≫続きを読む

 

3月号

決算を機に、自社の財産の状況を確認・整理してみよう自社の財産の中には、財務体質を悪化させるものがあります。一般に、業績の悪い企業ほど、売掛金、在庫、固定資産、仮払金や会社と役員間の貸し借りが多い傾向にあります。@未回収のまま滞留している売掛金は、再請求書や督促状を相手方に送付し、 債権があれば、その...

≫続きを読む

 

4月号

4月から労働時間の状況の把握が義務化!〜出勤簿への押印だけではダメ!〜しかし、長時間労働の是正などを柱とする働き方改革関連法のなかで、労働安全衛生法が改正され、労働時間の状況を把握する義務が明文化されました。罰則はありませんが、労働基準法と合わせて、経営者の責務がより明確化されました。労働時間の状況...

≫続きを読む

 

5月号

目標は“コーヒー1杯”に置き換えて考えてみよう!セールスでは、「コーヒー1杯分の料金で〜ができます」といったトークがよく使われます。これは「コーヒー1杯」という身近な小さい単位に置き換えることで、相手がイメージしやすくなるためです。例えば、来期の目標売上を今期から400万円アップして、4,000万円...

≫続きを読む

 

6月号

小さな会社の「必勝の経営術」@ ランチェスター法則で経営を再点検してみよう!会社のエネルギー源である顧客を出発点として、@商品、A地域、B業界と客層、C営業、D顧客維持、E組織、F資金と経費という経営を構成する要素に対して、どのような戦略を立てるかが重要です。その手掛かりとなるのがランチェスター法則...

≫続きを読む

 
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報