会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

生活の税金@

生活の税金@



今年結婚しました。

家族が増えたら、税金の計算はどのようになりますか。



(1)扶養している配偶者や親族がいる場合で、

その親族が下記の要件に当てはまるときは、

それぞれ次の控除を受けることができます

(控除を受けることができる金額はP12参照)。


配偶者控除・扶養控除

  • 合計所得金額が38万円(給与収入の場合103万円)以下であること

  • 他の人の扶養になっていないこと

  • 事業専従者給与等を受けていないこと


配偶者特別控除

  • 合計所得金額が38万円超76万円(給与収入の場合141万円)未満であること

  • 控除を受ける本人の合計所得金額が、1,000万円以下であること

※配偶者控除と配偶者特別控除をあわせて受けることはできません。



(2)上記以外にも本人又は控除対象配偶者、扶養親族が

下記の要件にあてはまるときは、次の控除を受けることができます。


障害者控除

  • 障害者に該当すること


寡婦控除

  • 夫と死別・離婚して扶養親族があること。

    又は夫と死別し、合計所得金額が500万円以下であること


※特定の寡婦 夫と死別・離婚して生計を一にする子があり、

 かつ合計所得金額が500万円以下の人


寡夫控除

  • 妻と死別・離婚して生計を一にする子があり、

    かつ合計所得金額が500万円以下であること


家族が増えたら、

生命保険に加入したところ控除証明書が送られてきました。

これは何に使いますか。



生命保険料・損害保険料や社会保険料を支払った場合にも、

所得控除を受けることができます(P12参照)。

控除証明書の添付が必要なものがありますので

年末調整や確定申告のときまで保管してください。

※保険料の支払者と保険金の受取人が異なる場合は注意が必要です(Q42参照)。



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

生活の税金A
今年入院して医療費の支出が増えました。税金が還付されると聞きましたが、 どのような手続きが必要ですか。
生活の税金B
ふるさと納税とはどのようなものですか。 台風で家屋に甚大な被害を受けました。税金の救済措置はありますか。
生活の税金C
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報