事業の税金。事業を始めるとサラリーマンの時とは違った税金が課せられます。

事業の税金

事業を始めるとサラリーマン時代とは違った様々な税金が課せられます。

事業の税金記事一覧

事業の税金@

事業を始めました。税務署にはどのような手続きが必要ですか。個人で事業を始めたら、開業後1 か月以内に「個人事業の開業届出書」を提出してください。また、青色申告の承認を受けると、税務上有利な取扱いを受けることができます(下記参照)。事業で給与の支払等がある場合は、給与支払事務所の開設届も提出が必要です...

≫続きを読む

 

事業の税金A

3月15日の確定申告期限をうっかり過ぎてしまいました。どうすればよいでしょうか。確定申告は一般的に2 月16日から3 月15日までに行いますが、申告期限を過ぎてからでも、申告はできます。その手続を「期限後申告」といいます。ただし期限までに申告や納税を行わないと、加算税がかかる場合がありますし、法定期...

≫続きを読む

 

事業の税金B

事業を始めたら必ず消費税を納めなければなりませんか。また、いつ申告して消費税を納めるのですか。原則として、消費税の課税対象となる収入金額(課税売上高)が1,000万円を超えた場合には、その翌々年に消費税を納める義務を負います。事業者は、その年の前々年(基準期間)の課税売上高が1,000万円を超えた場...

≫続きを読む

 
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報