息子がマイホームを買うことになりました。資金を援助してほしいと頼まれましたが、いくらまでなら贈与税がかからないでしょうか。

贈与の税金B

子や孫に贈与したら?



息子がマイホームを買うことになりました。

資金を援助してほしいと頼まれましたが、

いくらまでなら贈与税がかからないでしょうか。



住宅取得等資金贈与の非課税制度があります。


平成27年1 月1 日から平成31年6 月30日までに、20歳以上の子や孫


(その年の合計所得金額2,000万円以下の人)が父母、祖父母から


住宅取得等のために金銭の贈与を受けた場合、次の非課税限度額を、


暦年課税の基礎控除額及び相続時精算課税の特別控除額に上乗せすることができます。


なお、住宅用家屋の取得等に係る契約の締結時期によって限度額が異なります。


平成26年以前に、この旧非課税制度の適用を受けている場合には、


受けることができません。


住宅取得等資金贈与の非課税制度

*良質な住宅用家屋とは省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性を備えた住宅

住宅取得等資金贈与の非課税制度



孫が生まれました。教育資金を贈与したいのですが、

今すぐできる方法はありますか。



教育資金の一括贈与にかかる贈与税の非課税制度があります。


平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に、30歳未満の子や孫が、

父母・祖父母から教育資金を一括して贈与を受けた場合には1,500万円


(学校等以外に支払う金銭は500万円が限度)までが非課税となります。


取扱金融機関での口座開設等、一定の手続きが必要となります。


なお、子や孫が30歳に達した時に残額がある場合には、


その残額に贈与税がかかります。



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

贈与の税金@
個人から財産の贈与を受けた場合には、贈与を受けた人に対して贈与税がかかります。1 月1 日から12月31日までの1 年間に贈与を受けた財産の価額から、基礎控除額110万円を控除した残額に一定の税率を掛けて、贈与税額を計算します
贈与の税金A
自宅を妻へ贈与したいと思いますが、何か利用できる制度はありますか。配偶者へ居住用不動産等を贈与した場合、配偶者控除2,000万円と基礎控除額110万円を合わせて2,110万円までは贈与税がかかりません(不動産取得税・登録免許税はかかります)。
贈与の税金C
母が亡くなり、私が生命保険金を受け取りました。保険料を支払っていたのは父ですが、このような場合、税金はかかりますか。贈与税がかかります。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報