会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

保険と税 (3/4)

保険と税 (3/4)



地震保険料控除


その年に支払った保険料の金額応じて、次により計算した金額が控除額となります。

地震保険料控除


  • 一の損害保険契約等又は一の長期損害保険契約等に基づき、


    地震保険料及び旧長期損害保険料の両方を支払っている場合には、


    納税者の選択により地震保険料又は旧長期損害保険料の


    いずれか一方の控除を受けることとなります。



※:平成18年12月31日までに締結した一定の長期損害保険契約等に係る


保険料を支払った場合には、平成18年度の税制改正前の


長期損害保険料控除と同様の計算による金額を地震保険料控除に含めることができます。


控除を受けるための手続

  • 確定申告で生命保険料控除や地震保険料控除を受ける場合は、


    保険料控除に関する証明書


    (旧生命保険料に係るもので1契約9,000円以下のものを除きます。)


    を申告書に添付するか、


    申告書提出の際に提示することが必要となります。



  • 給与所得者の場合は、勤務先に所定の手続をしておけば、


    年末調整で控除を受けることができます。



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容


よく読まれてる記事

保険と税 (1/4)
生命保険料や地震保険料を支払ったときは、所得金額から控除されます。生命保険などの保険料を支払うと「生命保険料控除」として、また、地震保険料を支払うと「地震保険料控除」として、所得税や住民税を計算するときに一定額を所得金額から差し引かれます。
保険と税 (2/4)
平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料の控除額は、それぞれ下表の計算式に当てはめて計算した金額です。
保険と税 (4/4)
生命保険や損害保険の保険金については、保険料の負担者や支払原因によって、課税関係が異なります。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報