会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

財産を相続したとき (2/5)

財産を相続したとき (2/5)



相続税の計算


@課税遺産総額を法定相続分どおりに取得したものと仮定して、


 それに税率を適用して各法定相続人別に税額を計算します。


A@の税額を合計したものが相続税の総額です。


BAの相続税の総額を、各相続人、受遺者及び相続時精算課税を適用した人が


 実際に取得した正味の遺産額の割合に応じてあん分します。


相続時精算課税→「P財産をもらったとき」参照


CBから配偶者の税額軽減のほか、各種の税額控除を差し引いて、実際に納める税額を計算します。


→裏面「配偶者の税額軽減(配偶者控除)」参照


相続税の計算例
正味の遺産額が2億円で、妻と子2人が法定相続分どおりに相続した場合

(正味の遺産額)   (基礎控除額)        (課税遺産総額)
  2億円 −(3,000万円+600万円×3)=1億5,200万円


相続税の計算例



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

財産を相続したとき (1/5)
亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合、相続税の課税対象となります。
財産を相続したとき (3/5)
配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が1億6,000万円までか、配偶者の法定相続分相当額までであれば、配偶者に相続税はかかりません。
財産を相続したとき (4/5)
宅地は路線価等を基に評価します。建物は固定資産税評価額によって評価します。相続税や贈与税を計算する場合の宅地や建物の評価方法は、次のとおりです。
財産を相続したとき (5/5)
相続人は、相続の開始があったことを知った日(通常は被相続人が死亡した日)の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地の所轄税務署に申告・納税する必要があります。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報