会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

確定申告書等作成コーナー/e-Tax (3/3)

確定申告書等作成コーナー/e-Tax (3/3)



e-Taxを利用すると…



所得税及び復興特別所得税の確定申告をe-Taxで行う場合、


医療費の領収書や源泉徴収票等は、その記載内容(病院などの名称・支払金額等)を


入力して送信することにより、これらの書類の提出又は提示を省略することができます


(法定申告期限から5年、税務署から書類の提出又は提示を求められることがあります。)。


e-Taxで申告された還付申告は早期処理しています。


e-Taxで納税証明書の交付請求を行うと手数料が安価です


(電子ファイルでの交付のほか、書面での交付も請求できます。)。



e-Taxを利用するには…




STEP1 推奨環境の確認


推奨環境を満たしていない場合、正常に動作しない可能性がありますので、


事前にe-Taxホームページでご確認ください。



STEP2 電子証明書等の準備


e-Taxで申告等を行う際には、


申告等データに電子署名を行っていただく必要がありますので、


事前に電子証明書を取得してください。


※1:利用できる電子証明書については、e-Taxホームページでご確認ください。

※2:税理士等が税務書類(データ)を作成し、納税者に代わって送信する場合には、

   納税者本人の電子署名を省略することができます。

※3:電子証明書の具体的な取得方法及び費用については、発行機関にお尋ねください。


利用する電子証明書がICカードに格納されている場合は、


ICカードリーダライタが必要となります。



STEP3 利用者識別番号等の取得


e-Taxを利用するために必要な利用者識別番号は、e-Taxホームページから


開始届出書をオンラインで提出することにより発行(通知)されます。



STEP4 電子証明書等の登録


「e-Tax」、「e-Tax(WEB版)」又は「確定申告書等作成コーナー」から


電子証明書の初期登録を行ってください。



その他のお知らせ


現在、別途書面で提出していただいている添付書類について、平成28年4月以降、


e-Taxで申告等を行う場合は、イメージデータ(PDF形式)での提出が可能となります


(所得税及び復興特別所得税、贈与税の申告等については平成29年1月以降)。


e-Tax(WEB版)なら、給与ソフトなどで作成されたCSVファイルを読み込む方法に


より、給与所得の源泉徴収票などを5,000枚(データサイズは最大10MB)まで


まとめて送信することができます。


また、合計票が自動作成され、便利です。


スマートフォンからでも納税証明書の交付請求が行えます。


なお、納税証明書の受取は税務署窓口で行っていただく必要があります。


e-Taxの利用可能時間詳しくはe-Taxホームページ



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

確定申告書等作成コーナー/e-Tax (1/3)
所得税など個人の方の申告は、画面の案内に従って金額等を入力すれば、申告書等が作成できます。
確定申告書等作成コーナー/e-Tax (2/3)
申告の内容やパソコン等の環境によっては、ご利用になれない場合がありますので、ご利用の前に確定申告書等作成コーナーの「ご利用になれない方」や「推奨環境」をご確認ください。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報