会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

消費税のしくみ (1/4)

消費税のしくみ (1/4)

消費税はどのような税なの消費税のしくみ


税の負担者と納税者


消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して

広く公平に課税される税で、消費者が負担し事業者が納付します。


消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して、

広く公平に課税されますが、生産、流通などの各取引段階で二重三重に

税がかかることのないよう、税が累積しない仕組みが採られています。

商品などの価格に上乗せされた消費税と地方消費税分は、最終的に消費者が負担し、

納税義務者である事業者が納めます。

消費税(6.3%)が課税される取引には、併せて地方消費税(1.7%)も課税されます。


課税される取引


国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、

資産の貸付け及び役務の提供に課税されますので、商品の販売や運送、広告など、

対価を得て行う取引のほとんどは課税の対象となります。

外国から商品を輸入する場合も輸入のときに課税されます。


非課税取引


次のような取引は、消費税の性格や社会政策的な配慮などから非課税となっています。


1 土地の譲渡、貸付け(一時的なものを除く。)など

2 有価証券、支払手段の譲渡など

3 利子、保証料、保険料など

4 特定の場所で行う郵便切手、印紙などの譲渡

5 商品券、プリペイドカードなどの譲渡

6 住民票、戸籍抄本等の行政手数料など

7 外国為替など

8 社会保険医療など

9 介護保険サービス・社会福祉事業など

10 お産費用など

11 埋葬料・火葬料

12 一定の身体障害者用物品の譲渡・貸付けなど

13 一定の学校の授業料、入学金、入学検定料、施設設備費など

14 教科用図書の譲渡

15 住宅の貸付け(一時的なものを除く。)



消費税及び地方消費税の負担と納付の流れ


ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

消費税のしくみ (2/4)
その課税期間(個人事業者は暦年、法人は事業年度)の基準期間(個人事業者は前々年、法人は前々事業年度)における課税売上高が1,000万円を超える事業者は、消費税の納税義務者(課税事業者)となります。
消費税のしくみ (3/4)
消費税は、課税売上げに係る消費税額から、課税仕入れ等に係る消費税額を控除して計算します。
消費税のしくみ (4/4)
確定申告・納付のほか、直前の課税期間の消費税額に応じて中間申告・納付が義務付けられています。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報