会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

給与所得者と税 (1/4)

給与所得者と税 (1/4)

給与所得者、ふだんどのように税を納めているの給与所得者と税


給与やボーナスに対する所得税及び復興特別所得税



給与所得者の所得税及び復興特別所得税は、


勤務先が毎月の給与やボーナスから源泉徴収し、


その年最後に給与を支払う際に年末調整で精算します。



月々の源泉徴収



毎月の給与やボーナスから源泉徴収される所得税及び復興特別所得税の額は、


「給与所得の源泉徴収税額表」により求めています。



年末調整



1年間の給与総額に対する所得税及び復興特別所得税の額と毎月の給与から


源泉徴収された所得税及び復興特別所得税の合計額は、


次のような理由により、必ずしも 一致しません。


@子の結婚や就職などにより年の中途で控除対象扶養親族の数が変わる場合があります。


A生命保険料控除や配偶者特別控除などは年末に一度に控除することとなっています。


このため、その年の最後の給与の支払を受けるときに、過不足額の精算が行われます。


これを「年末調整」といいます。


大部分の給与所得者は、


年末調整によって1年間の所得税及び復興特別所得税の納税が完了しますので、


確定申告の必要はありません。



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

給与所得者と税 (2/4)
給与所得者でも、確定申告をしなければならない場合や、確定申告をすると所得税及び復興特別所得税が還付される場合があります。
給与所得者と税 (3/4)
給与所得者には、勤務に伴う必要経費の概算控除として、給与の収入金額に応じて「給与所得控除」を定めています。所得税及び復興特別所得税の額の計算方法(平成28年分)
給与所得者と税 (4/4)
課税所得金額に所得税の税率を適用し、所得税額を算出します。所得税額は、「平成28年分所得税の税額表」で求めます(下図参照)。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報