婚姻期間20年以上の夫婦間でマイホームなどを贈与する場合は、最高2,000万円の配偶者控除を受けることができます。

家族と税 (3/4)

家族と税 (3/4)

妻に家を贈ろうと思うのですが

 

 

配偶者への贈与と配偶者控除

 

婚姻期間20年以上の夫婦間でマイホームなどを贈与する場合は、

 

 

最高2,000万円の配偶者控除を受けることができます。

 

 

夫婦の間で居住用不動産又は居住用不動産の購入資金の贈与があったときには、

 

 

贈与税の申告等をすれば、

 

 

基礎控除110万円のほかに最高2,000万円の配偶者控除が受けられます。

 

 

※:この配偶者控除は、同じ配偶者間において一生に一度しか受けられません。

 

 

(「P財産をもらったとき」参照)

 

 

控除を受けるための要件

 

  1. 夫婦の婚姻期間が20年以上であること
  2.  

     

  3. 贈与財産が国内にある居住用の土地や家屋であること

     

    (その取得資金も含まれます。)

  4.  

     

  5. 贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与を受けた土地や家屋に実際に居住し、

     

     

    その後も引き続いて居住する見込みであること

 

 

 

控除を受けるための手続

 

贈与税の申告書又は更正の請求書に配偶者控除の適用を受ける旨を記載し、

 

 

次の書類を添付して提出する必要があります。

 

  1. 受贈者(贈与を受ける人)の戸籍の謄本又は抄本
  2.  

     

  3. 受贈者の戸籍の附票の写し
  4.  

     

  5. 受贈者の住民票の写し

 

 

※1:1、2は贈与を受けた日から10日を経過した日以降に作成されたものに限ります。

 

 

 

不動産取得税

 

贈与により土地や建物を取得したときには、地方税である不動産取得税がかかります。

 

 

詳しくは、お住まいの都道府県税事務所の窓口にお尋ねください。

 

 

 

ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容


 

 

よく読まれてる記事

家族と税 (1/4)
パート収入が103万円以下でほかに所得がなければ、その方に所得税及び復興特別所得税はかからず、また、その方の配偶者は配偶者控除を受けることができます。
家族と税 (2/4)
内職などの収入が103万円以下でほかに所得がなければ、その方に所得税及び復興特別所得税はかからず、また、その方の配偶者は配偶者控除を受けることができます。
家族と税 (4/4)
配偶者が実際に取得した正味の遺産額が1億6,000万円までか、正味の遺産額の法定相続分に相当する金額までは相続税はかかりません。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報