月次決算を翌月中に行います

税務顧問@

 月次決算の徹底!


請求書、預金通帳、領収書その他の原始資料を直接確認し

正しいデータに基づいた月次決算書を翌月中に作成します。

あなたは先月の売上、利益、予算を

正しく把握していますか?


会社の数字を正確に把握していますか?


経営者が経営判断を行う上で貸借対照表、損益計算書などからの計数管理は必須です。

経営者は数字の意味を理解して問題点、課題に対処することが求められます。

そのためには1年に1回、

法人税や所得税の申告時期が近付いてきたときに帳簿を作成するのではなく

毎月試算表を作成すべきです。

経理の内容を確認して、税務上あるいは会計上で問題点などがあれば丁寧に指導させて頂きます。

正しいデータに基づいた月次決算書を作成します。

会社によって様々な経理状況があると思います。

既に会社の経理能力がかなり高いところもあれば、その反対もあります。

たとえ元帳が存在しないところでも問題ありません。

これから立ち上げていけばいいだけです。

安心して下さい。


月次決算を翌月中に行います!


一般論ですが、毎月作成している方が作成していないより

税務申告の内容も精度が高いと税務署も考えるでしょう。

金融機関から見ても融資の時だけ作成しているよりも毎月作成している方が評価が高いでしょう。

しかしながら一番の目的は経営者が経営判断を行う上で適切な判断、対策を取るためです。

そのために有用な資料を作成するのです。

当事務所は毎月御社を訪問して請求書、預金通帳、領収書その他の原始資料を直接確認し

それを基にした仕訳を確認することによりその月の試算表を翌月に提供します。



中小企業の強い味方西村浩税理士事務所


お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報