相続税は、死亡した人の財産を相続したときや、遺言によって財産を取得したときに、取得した人が納める税金です。

相続の税金

相続税は、死亡した人の財産を相続したときや、遺言によって財産を取得したときに、取得した人が納める税金です。

相続の税金記事一覧

相続の税金@

相続税はどのような税金ですか。また、遺産がいくらあったら申告が必要ですか。相続税は、死亡した人の財産を相続したときや、遺言によって財産を取得したときに、取得した人が納める税金です。下の図の正味の遺産額が基礎控除額を超えない場合、相続税はかかりませんが、超える場合は相続税の申告が必要です。この場合、相...

≫続きを読む

 

相続の税金A

遺産の分割の方法には、どのようなものがありますか。また、申告を済ませた後、分割をやり直した場合は問題がありますか。遺言書どおりに分割する指定分割と、遺言書がない場合などには、相続人全員で協議して分割を決める協議分割があります。協議分割には相続人全員の出席と同意が必要です。申告した後に分割のやり直しを...

≫続きを読む

 

相続の税金B

父は多額の借金を残して亡くなりました。借金を相続したくないのですが、どのようにすればよいのでしょうか。相続の放棄をすることができます。しかし、相続財産の内容が不明確な場合は、相続によって得た財産を限度として債務を弁済することを条件に相続(限定承認)することもできます。ただし、相続の開始を知った日から...

≫続きを読む

 

相続の税金C

相続税はどのように計算されるのでしょうか。具体的に相続税の計算をしてみましょう。・夫(被相続人)は平成28年1月に死亡・相続人は、妻、長男、長女の3人・遺産の内訳は下のとおり(遺産の内訳)現金・預金・株式 5,000万円土地・建物(小規模宅地等の特例適用後) 6,000万円生命保険金 5,000万円...

≫続きを読む

 

相続の税金D

(1)相続税の速算表(2)相続税額の2 割加算 @親、子、配偶者以外の人が相続等により財産を取得した場合には、  相続税額にその税額の2 割を加算します。(3)相続税額の控除 @配偶者の税額軽減  残された配偶者の生活の保障や、財産形成などへの貢献を配慮した規定です。  その相続した財産が、配偶者の...

≫続きを読む

 

相続の税金E

相続税を一度に納付することができません。どうしたらよいですか。相続税は金銭で一度に納めるのが原則ですが、それが困難な場合には、分割払いの延納や相続で取得した財産で物納することもできます。ただし、税務署に申請し、許可を受けなければなりません。申請には多くの関係書類が必要になりますので、税理士に事前に相...

≫続きを読む

 

相続の税金F

相続は、肉親の突然の死亡・葬儀・その他の行事が取り込み、相続税の申告期限まで短く感じるものです。申告手続きは、できるだけ早めに、相続人全員の協力のもとに円滑に進めるようにしましょう。申告に必要な添付書類@戸籍謄本、除籍謄本A遺言書、遺産分割協議書のコピーB相続人全員の印鑑証明書C預貯金・借入金等の残...

≫続きを読む

 
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報