夫婦でマイホームを共有している場合、3,000万円の特別控除はどのようになりますか。

不動産の税金D

不動産の税金D



夫婦でマイホームを共有している場合、

3,000万円の特別控除はどのようになりますか。



(1)家屋と敷地が共有である場合

例えば、マイホームを夫婦で共有している場合は、


その共有持分に応じて譲渡所得を計算しますので、


夫と妻各人で条件を満たしていれば、


それぞれ3,000万円を控除することができます。



(2)家屋と敷地を別々に所有している場合

例えば、土地の所有者が夫で、家屋の所有者が妻の場合、


特別控除3,000万円について、まず家屋の所有者である妻の譲渡所得から差し引き、


まだ控除残額がある場合には土地の所有者である夫の譲渡所得から


控除することができます。


夫婦でマイホームを共有している場合、



ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容




よく読まれてる記事

不動産の税金@
不動産の取得にはいろいろな税金がかかります。契約をするとき売買契約書やローン契約書に印紙税などがかかります。
不動産の税金A
土地や建物を持っていると、どのような税金がかかりますか。固定資産税や都市計画税がかかります。
不動産の税金B
土地や建物を売った場合は譲渡所得となり、他の所得と区分して所得税と住民税がかかります(分離課税)。
不動産の税金C
相続で取得した土地・建物を売ることになりました。相続税を納めたばかりなのに心配です。税金はどのようになりますか。
不動産の税金E
マイホームを売って、その代わりに新たにマイホームを取得した場合には、売ったときの金額と新たに購入した金額とを比較して譲渡所得を計算します。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報