会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

保険と税 (4/4)

保険と税 (4/4)

保険金を受け取った場合はどうなるの


保険金を受け取ったときの税金


生命保険や損害保険の保険金については、保険料の負担者や支払原因によって、


課税関係が異なります。


生命保険


生命保険金を受け取る場合、その保険金が死亡に基づくものか、満期によるものか、


また、保険料の負担者は誰なのかなどによって課税関係が異なります。


夫婦の関係でみると、下の表のようになります。


保険金を受け取ったときの税金


※一時所得の場合の課税所得金額の計算式


{(保険金−支払保険料)−50万円}×1/2


一定の一時払養老保険等の差益は、


源泉徴収だけで納税が完了する源泉分離課税となります。


年金方式で保険金を受け取った場合は、


その年ごとの雑所得として所得税及び復興特別所得税がかかります。


※:相続等に係る生命保険契約等に基づく年金のうち、


相続税等の課税対象となった部分については、


所得税及び復興特別所得税は課税されません。


損害保険


損害保険金を受け取る場合も、


保険料の負担者や支払原因によって課税関係が異なってきますが、


保険を掛けていた人が建物の焼失や身体の傷害・疾病を原因として受け取る保険金には、


原則として課税されません。


しかし、例えば、事業者の店舗や商品が火災で焼失した場合、


焼失した商品の損害保険金は事業収入(売上げ)になります。


また、焼失した店舗の損害保険金は店舗の損失額を計算する際に、


差し引くことになります。


配当金等を受け取ったとき


契約期間中に受け取る配当金は、支払保険料から控除し課税されませんが、


保険金と一緒に受け取る配当金は


保険金の額に含めて一時所得として課税対象になります。


また、相続税、贈与税が課税されるような場合には、


配当金は保険金の額に含めて課税対象になります。


ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容



よく読まれてる記事

保険と税 (1/4)
生命保険料や地震保険料を支払ったときは、所得金額から控除されます。生命保険などの保険料を支払うと「生命保険料控除」として、また、地震保険料を支払うと「地震保険料控除」として、所得税や住民税を計算するときに一定額を所得金額から差し引かれます。
保険と税 (2/4)
平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料の控除額は、それぞれ下表の計算式に当てはめて計算した金額です。
保険と税 (3/4)
地震保険料控除 その年に支払った保険料の金額応じて、次により計算した金額が控除額となります。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報