会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

災害にあったとき (1/3)

災害にあったとき (1/3)

期限までに申告や納付ができない時はどうするの?災害等にあったとき

 

 

申告などの期限の延長・納税の猶予

 

申告などの期限の延長

 

災害等の理由により申告・納付などをその期限までにできない時は、

 

 

その理由のやんだ日から2か月以内の範囲でその期限が延長されます。

 

 

これは地域指定による場合と個別指定による場合とがあります。

 

 

  1. 地域指定
  2.  

    災害による被害が広い地域に及ぶ場合は、

     

    国税庁長官が延長する地域と期日を定めて告示しますので、

     

    その告示の期日までに申告・納付などをすればよいことになります。

     

     

  3. 個別指定
  4.  

    所轄税務署長に申告・納付などの期限の延長を申請し、

     

    その承認を受けることになります。

 

 

納税証明書の手数料について

 

殺害により相当な損失を受けたことにより、

 

その復旧に必要な資金の借入れのために使用する場合には、

 

納税証明書の交付手数料は必要ありません。

 

 

納税の猶予

 

災害等により財産に相当の損失を受けた時は、

 

 

所轄税務署長に申請することによって次のとおり納税の猶予を受けることができます。

 

 

 

損失を受けた日に脳期限が到来していない国税
損失を受けた日に脳期限が到来していない国税

 

 

 

すでに納付期限の到来している国税
すでに納付期限の到来している国税

 

 

 

 

ご相談西村浩税理士事務所



お問い合わせフォーム


下記の項目は差し支えない範囲で結構です。
ただし、メールアドレスか電話番号のどちらかを書いていただけないとご返信できません。


法人名・事業所名


担 当 者


メールアドレス


電話番号

- -


お問い合わせ内容


 

 

よく読まれてる記事

災害にあったとき (2/3)
所得税の軽減免除は、最終的には翌年の確定申告で精算されますが、予定納税や源泉徴収の段階でも、その減額又は徴収猶予を受けることができます。
災害にあったとき (3/3)
災害により住宅や家財などに損害を受けた場合は、確定申告を行うことで所得税法の雑損控除又は災害減免法の適用を受けることができます。
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報