会社設立、新設法人、初めて税理士をお探しの方へ。御社の発展に貢献できれば幸いです。

F高齢者と税(年金と税)



65歳以上の方は、公的年金等の最低控除額が多くなっています。

高齢者を扶養している方は、配偶者控除や扶養控除の額が増額されます。

年金収入は、通常、雑所得となります。

F高齢者と税(年金と税)記事一覧

高齢者と税 (1/2)

年金収入の所得計算、所得控除の増額65歳以上の方は、公的年金等の最低控除額が多くなっています。高齢者を扶養している方は、配偶者控除や扶養控除の額が増額されます。高齢者本人が受けられる特例年金収入は、通常、雑所得となります。雑所得の金額は、収入金額から必要経費を差し引いて計算するのが原則ですが、公的年...

≫続きを読む

 

高齢者と税 (2/2)

年金等に係る雑所得の計算方法公的年金等に係る雑所得の速算表※:平成28年分の所得税については、65歳未満の方とは昭和27年1月2日以後に生まれた方、65歳以上の方とは昭和27年1月1日以前に生まれた方になります。公的年金等以外の年金に係る雑所得の計算方法※:個人住民税を算出する際の年金等に係る雑所得...

≫続きを読む

 
ホーム サイトマップ
税理士をお探しの方 選ばれる理由 よくある質問 お問い合わせ お役立ち情報